木造の高層マンション

スウェーデンで34階建ての木造高層マンションを

建設することが提案されているらしいです。

34階・・・

どのような高さなんでしょう (笑)

ストックホルムの住宅設計コンペで、提案されたとのこと。

34階建ての木造高層マンション建設を提案したのは、

スカンジナヴィア各地に拠点をもつ建築会社C.F.モトローラ社。

C.F.モトローラ社は住宅設計コンペに参加するために、

都市設計コンサルティング会社のタイレイズ、

建築設計事務所のディネルヨハンソン、と

組んで巨大な木造建築物を設計したそうです。

もしコンペで選ばれた場合は、2023年までに完成する予定だという。

実現すればカナダの建築家、マイケル・グリーンが30階建ての提案しているビルよりも、

建築家、マイケルチャーターズがシカゴで提案している30階建ての

木造高層ビル、ビッグウッドよりも上回る高さになるそうです。

もし、C.F.モトローラ社に決まることになれば、

ありえない高さの木造建築物が完成するというとなのです。

C.F.モトローラ社によると、木材は、

二酸化炭素放出を減らすそうです。

さらに、建築廃棄物の量も大幅に少なくなるそうです。

木材は軽いため、輸送のエネルギー効率も高くなるといっています。

最近では、CO2などの問題でクリーン性が重大になっています。

そもそも木材は環境に優しく、廃棄物としても再利用できたり、

日本でも昔から無くてはならない資材です。

・お寺

・神社

・住宅

・家具

・看板

さまざまな建築物や生活の一部としても、さまざまに使われてる、木材。

ですが私は、木材を使って高層建築を行うというその考えに驚いています。

実現ってホントに可能なの?

まず日本では高層建築物には、鉄骨や鉄筋コンクリートが使われます!

木造建築による高層マンションなど見たこともありません!

よくて3階建の住宅くらいです!

もちろん、東大寺や出雲大社などの重要文化財などでは、

木造建築でその高さを実現されていていますが、

東大寺大仏殿の高さ49m。

この高さが日本の木造建築最大の高さだと言われています。

C.F.モトローラ社が設計したのは、34階建てということで、

実際の高さがどれほどの高さになるのかは、

まだわかりませんが、軽く計算してみました。

仮に、一階の高さを最低限の高さ、3mとしましょう!

3?34=102m

ざっと少なく計算しても、102mの高さになります!

実際はもっと高いのでしょうが・・・?

そもそも、34階建ての木造建築は、崩れないのでしょうか?

とても疑問に思いました。

C.F.モーラー社の設計では、ほとんどに木材が使用されるらしく、

梁や天井、壁などすべて木材だということです。

大丈夫なのか、それで建物が耐えられるのかと不安になりましたが、

どうやら、現在の設計では建物を安定させるために、

コンクリートの芯材を使用するそうです。

そして、下層階には木製の梁で覆った非常に細い銅鉄の柱で補強

して34階建ての重みを支え耐火性能をたかめるそうです。

やはり、すべて木材ではないんですね(笑)

C.F.モーラー社のマネージング・ディレクターのマルテンレリンゲさんは、

この設計はまだ提案に過ぎないが、

木材を将来の大規模建築に使用することは可能だと考えているそうです。

34階建ての木造高層マンション・・・

実現するのか!おすすめサイト⇒体幹トレーニングシャツの人気商品